走れ!上れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのバイク雑記。オンも、オフも、バイクはいいぞ!!

KLX230R S!!

突然ですが

買っちゃいました

ミドリ、からのミドリ!!

 

エンデューロの必需品、ZETAのハンドガード。

 

おまけでもらったローシート。

 

これまたエンデューロの必需品、ZETAのスキッドプレート。

 

ZETA製品は、購入店に在庫があって助かった。

おかげでなんとか連休中にシェイクダウンできました!!

 

ちなみにKX100は、下取りに出しました。

そもそもレーサーを買い取ってくれる店って少ないし、そこそこ頑張ってもらえたので心置きなく手放させていただきましたw

カワサキオ〇トY形さん、お世話になりました~!!

 

 

取り急ぎのインプレですが、

 

いや、いい。

いいぞこれ~~!!

 

「KLX230はいいぞ」で済ませたくなる、語彙崩壊パターンです。

 

色々懸念もあったんですが、ほぼ全て吹っ飛んだ形です。

重さを除いてwww

 

やっぱサスは値段&スペックなりですが、俺には正直これで十分かなー。

ジャンプとかは、積極的にやらない方がいいでしょうけどね。

 

なによりエンジンがすごい。

さすが最新式って感じで、でかい以外に全く不満がない。

これもう無理か?ってシチュエーションで慌ててガバ開けしても、なんとかついてきてくれるっていうw

それでいて上もきれいに伸びていくイメージで、総合的に速い感触。

 

最低地上高が低いこと(275㎜)が懸念の一つだったけど、逆にそれが安定感につながってることも分かった。重心が低いんだろうね。

ハードエンデューロとかやる予定はないから、この高さで十分間に合うと思われる。

木の根っことかは要注意化かもだけど。

 

全体的に、懐が深いバイクです。

決して急かしてはこないんだけど、「お前にやる気あるんならついてくぜ?」的な。

まさに、レーサーとトレールの合の子

今の俺には、バッチリはまってます👍

 

 

ただ一言いっておくと、決して軽くはない!!

いやむしろ重い。

 

特に、取り回しとか坂でのリスタートの時に痛感させられますね。

でもこれはある程度対策可能なので、今後の宿題。

 

 

で、今後の方針について備忘録。

 

①ハンドルの幅を詰める

フルサイズレーサーのハンドル幅なので、俺には明らかに広い。とりあえず左右1~2㎝くらい詰める予定。

 

②軽量化

バッテリーをリチウムイオンに、マフラーを社外にすることで4㎏くらいは軽量化できるはず。リア周りに特に重さを感じるので、これはさっさとやっちゃった方がいい気がする。

あと、エンジン上部の補器類を移設して、ステー撤去だな。

 

③リアスプロケショート化

いろんなブログとかで目にするけど、なんでこの減速比を選んだのか理解に苦しみますね。いや、エンジンがものごっついから何とかなっちゃうんだけどさ。

自分的には、リア46T→50Tにしたいかな~。

53Tとかにしてる人もいるみたいだけど、それはやりすぎじゃね?って気が。

まあ、やってみないとわからないですが。

 

④リアにビードストッパー追加

1個しかついてないので。

純正装着のモトクロスタイヤは、もったいないからしばらく使います。聞いたことないダンロップの奴。すんっげーーー硬いけどww

 

⑤フロントフォークプリロード調整

このバイク、前述のようにサスは安物なのでプリロードアジャスターはリアにしかついてません。しかもガチャガチャの5段階式w

今んとこリアは真ん中(3段目)でちょうどいいんだけど、フロントもうちょっとプリロードかけたいんだよなあ。

必殺ワッシャー調整か、ZETAのアジャスター付きトップキャップか迷い中。

 

 

そんなこんなで、納得のいく買い物となってよかったです。

 

あと、今思い出しましたが燃費すごくいいですよw

今のご時世、何気に携行缶給油ってめんどいですから助かります。

空冷FIだから、メンテもめんどくさくなくてサイコー。

 

 

あ、今後購入を考えている方がいれば、最後に一言だけ。

 

納車時の足周りのグリスアップは必須ですよ!!

全部、カラッカラのカラッカラでしたから!(迫真)

 

 

 

9/23 唐揚げツーリング中止のお知らせ

juicy-fried-chicken.hatenablog.com

 

まことに残念ながら、雨天中止とさせていただきます。

参加表明していただいた、らいどろさん、山乗メンバーの皆さん申し訳ない。

 

小雨強行も考えましたが、外で調理をすることを考えると、、、。

楽しさが半減どころか、苦行になってしまう可能性が高いと判断しました。

 

またの機会に、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2022/09/18 Y2-XC 第四戦 備忘録

ハイ。

毎度のことながら、参戦記録 兼 備忘録になります。

 

写真も載せたかったんですが、フォトレコの写真が「データ1枚400円」とエグい値上げをしていたため見送りました。

確か当初、200円くらいだった気がするんですけど??

残念ながら、もう購入することはないでしょう。大変お疲れさまでした。

 

 

、、、とそれはさておき、今回の順位はコチラ。

 

61位/189台

 

うーん、上位1/3以内といつもとほぼ一緒(笑)

 

なんだろうな、もう少し上のイメージあるんだけどなー。

今回は大きなダウンもなく淡々と走れたし。

 

と、レース直後は思ってたんですが、家に帰ってから大変なことに気が付いてしまいました。

 

リアタイヤ、パンクしてんじゃんwww

 

記憶があいまいではありますが、おそらくラスト2周くらいはパンクしたまま走ってたものと思われます。

なーんか、違和感はあったんだよ。大坂で変に止まっちゃったりしてたから。

 

ビードストッパー2個は偉大だ。

半分くらいビード落ちしてても、なんとか走りおおせてくれたわけだからw

 

ついでにフロントも測ってみたら、0.3Kpaくらいでやんの。

言われてみれば、フロントのグリップもおかしかった。立ち上がりの加速で、変なスリップダウンしたもん。「タイヤが寿命なのかな~?」とか思いながら恐るおそる走ってた記憶があるわ。

 

こりゃー、リアも0.2kpaくらいしか入ってなかった可能性がありますね。

そりゃあパンクするわけだよ。ガレ多かったし。

 

毎度のことながら疲労困憊&全身筋肉痛だったにもかかわらず、翌日のうちに修理した自分をほめてあげたい。マジで。

 

 

ということで、今回得た教訓。

「空気圧チェックは毎回行うべし。」

 

ほんと、基本のキですけど自分ここ3~4回怠ってました。

そりゃあ抜けるわ。すまん、KX。

 

あともう一つ、レース運びでの反省点は1周目様子見し過ぎたことですね。

渋滞で思うように進めなくなるのはもちろんですが、今回は中盤の集団の先導車がコースミスしやがりまして。まとめて20~30台くらいそれにくっついていって、大幅ロスですよ。

まあ、そんなとこにくっついていった自分が悪いわけですがw

1周目は、ちょっと無理してでも先頭集団に食らいついた方がいいのかもしれないなーとか思ったり。

 

あと、集中力が2時間あたりでほぼゼロになるのは毎度のとおり、、、。

上位集団は、まずここから違うんだろうなーと思いますよ。

 

メンタル、フィジカル、テクニックをバランスよく鍛えていかないといけないんですが、言うのとやるのではね?

 

 

とはいえ12周、ケガもなく走り切れたので良かったです。

とくに今回は、「バイク楽しーーーーーー!!」って瞬間が多かった気がします。

この感覚を、レース中ずっと維持できると速いでしょうねw

 

 

さて、次のレースはY2の最終戦になりそうです。

その翌週、WEXビッグバード高井富士がありますが、2週連続はきつそうなので保留中。

 

WEXは、最終戦のGAIAだけになっちゃうかな~。

それも寂しいかな?