走れ!上れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

アドレス125の現状

今、こんなんなってます。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20191021201011j:plain

 

アドレス125フリークの方なら、違和感に気づいていただけるでしょうか。

 

いや、周りの状況じゃないですよ?

 

 

まあ、ぱっと見誰でも分かるのは、スクリーン、箱、ステッカー、ナックルガードってとこでしょうか。

 

実は、マフラーも変わってます。純正チックなやつですが、音も見た目もちょこっとワイルドになりました。

 

そして何より、タイヤに気づいてほしい!!

ゴリゴリしてんのがわかりますか!?

かなりのバクチだったんですが、なんとか収まりましたよ。

 

というわけで、今回はアドレス125のこれまでの主なカスタムについてまとめてみたいと思います。

 

・スズキ純正 ウィンドスクリーン

最初は安さにつられて旭風防のやつをつけてたんですけど、デカすぎてどう調整してもしっくりこなかったためこちらに。

最初っからこれにしとけばよかった。長すぎず短すぎず、デザインもさすがの純正ですよ。販促写真で見るとダサいけど。

アドレスをこれから買おうと思ってる人、つけるんなら断然こっちっすよ!

 

・SPタケガワ サイレントスポーツマフラー

見た目はおとなしいんですけど、しっかり社外マフラーです。重低音が効くようになって、バイクらしくなりました。

純正マフラーは静かすぎて危険。どこからどう見てもお買い物仕様な見た目と相まって、軽自動車がよく煽ってきてくれます。

心なしか、前後の車が距離を取ってくれるようになったかな?(ニッコリ

もちろん政府認証。お値段も2万円強とお買い得です。

あ、ちなみにガスケットは付属してるんで、用意する必要ないです。

 

・DUNLOP K180(フロント:100/90-12 リア:120/90-10)

アドレスの純正タイヤは、天下のチェンシンタイヤ。

まあ、スクーターだから…と俺も最初は思ってたんですが、やっぱりクソです。

法定速度内ならまあ問題ないんですが、(サーキットで)80km/h 以上出すと危険極まりない!

曲がってるときとか、リアがふわふわしてすっ飛びそうになる。段付き摩耗も激しいし、さすがだなあ!!

安かろう悪かろうを地でいくタイヤです。正直納車とともに交換するのが吉。

 

、、、っていうのもあったし、なにより「何とかオフタイヤ履けねえかなあ…」という妄想がずっとあったんですよね。

ただ、アドレスの純正タイヤサイズ、かなり小さいんです。フロント90/90-12に、リア100/90-10 っていう。

フロントはフェンダーがかなり離れてるんであんま考えなくても入るだろうとは思ったんですが、リア周りにクリアランスがなくて、厳しいんですよ。

インナーフェンダーを外して、何とか収まりました。でもこれ以上のサイズは多分無理だな。

 

結果、オンロードも楽になったし、何より安心してオフに突っ込めるようになりました!!

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20191021204502j:plain

ほら。こんな感じにガリガリ山の上まで入っていけますよ。フラット林道なら。

地上高とサスの問題があるんで段差の激しいとこはきついですけど、まあやる気次第でしょう。

構図が1枚目と同じになってしまったのが残念。ブロガーとしてあるまじきことです。これはよろしくない。

 

 

ちなみに今の走行距離ですが、5000㎞を超えたところです。とある長距離ツーリングで2500㎞ほど稼いできました。

そちらについては、また気が向いたときにでも…。