走れ!上れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

セローのタイヤ選び

久しぶりの整備関係の記事です。

 

いや、普段整備してないわけじゃないですよ?

別段記事にするほどのことをやってないってだけで。

 

YZにも関していえば、4~5回走行したらミッションオイル交換してるし、毎回洗車してチェーンにも注油してます。エアクリーナーも、毎回チェックして汚れてたら即洗浄&交換。

けっこうまめにやってるんです。

本格的に冬に入ったら、ひん曲げたラジエーターの交換や、腰上のOH、YPVSの分解洗浄なんかも考えてます。各リンク部のグリスアップとかもやっときたいですね。

 

と、それはそれ。

今回はセローのタイヤ交換についての話です。

 

まず、納車時に履いてたタイヤはこれ。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014163222j:plain

見覚えあるパターンでしょ?

そう、 IRC GP‐1 、、、かと思いきや

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014163826j:plain

KENDA K270 です!!

 

リアはブロックの高さ、間隔の広さもなかなか。その上柔らかめなので、オフ性能けっこう高かった。悪くなかった。

が、フロントが見た目以上にクソ。もちろん期待はしてなかったんだけど、オンロードで、ブレーキング時にグニャっとなる感覚が最高に謎で、気持ち悪くて最低。オフ性能も言わずもがなで、ちょっとした轍でハンドル取られまくり。

リアは悪くないが、フロントが最強にクソというバランス悪すぎるタイヤでした。これから購入する人、そうはいないとは思いますが、フロントだけは絶対にやめておけと言っておきます。

ネットで情報当たると、とにかく安いみたいですね。セットで8000円とか。

でも繰り返し言う。フロントは絶対にやめておけ。

 

なので、とりあえずフロントは使い古しの IX‐09W にソッコーでチェンジ。しばらくはこの組み合わせでそこそこ走れてました。

 

でもIX09って、摩耗早いんですよね。フロントでも、なかなかのスピードでお亡くなりになっていきます。

限界を迎える前に前後そろって交換しようと、次期タイヤを選定していたわけです。

 

 

当初、セローならこうしたいなと思っていた組み合わせは、

「フロント → IX‐07Sリア → ツーリスト」

この組み合わせは固いでしょう?

レースなんかでもこの組み合わせで戦ってる人、多いみたいです。

 

しかし一つ問題が。

それは、チェーンを延長する必要があるということ。

 

チェーンをそんなにすぐ交換するなんてもったいなすぎる。何せ、アジャスターはまだ2~3の間だ。納車早々チェーンごと交換だなんて、嫌だ。

 

なんか自分って、純正指定のサイズにこだわるところもあって、あまりデカすぎるタイヤを履かせたくないって気持ちもあるんですよ。

メーカーがそのサイズを指定しているってことは、なんかあるんじゃないかなとか。パワー?的な?バランス??的な?(頭悪い

 

 

毎日じわじわと悩み続け、昨日やっと気合で交換しました。

さて、そんな私がセローに選んだタイヤとは、、、

 

こいつだ!!

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014170946j:plain

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014171023j:plain

分かる人、いるかな??

 

そう。

フロント → ED03(2.75‐21)

リア → K950(3.50‐18) だ!!!

このサイズならチェーン交換いらないぜ!!

 

前後一気に交換とか、俺えらい。体調はイマイチだったんだけど、たまらず試走に行ってきました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014171450j:plain

イイ感じ。

ほぼねらい通り。

ED03はライフ長そうだし、オンロードも結構快適。オフ性能水準以上。

K950は思ってたよりしっかりトラタイヤ。

岩場とか、タイヤがサス代わりにしなってくれてんのが分かる。ツーリストよりもラウンドしてる&固めなのでオンロードも自然。

チェーン交換なしでセローに履かせられるし、安い。

 

何が言いたいかというと、DUNLOP K950、かなりおススメです。