走れ!登れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

夏の林道ツーリング 報告

告知させていただいた、8月13日・14日の林道ツーリングについて報告いたします。下記参照。

juicy-fried-chicken.hatenablog.com

 

両日ともに満員御礼!?ともいうべきたくさんの方々にご参加いただき、唐揚げライダー冥利に尽きるってもんです。それぞれ、大変思い出深いツーリングになりましたので、まとめさせていただきます。

今回一緒に走っていただいた皆様に関しましては、個人が特定できないように各画像に修正は加えさせて頂きますが、削除してほしいなどの旨がありましたらここのコメントでも、個人的にでもご連絡いただければと思います。即座に対応いたしますので。

 

 

8月13日(日)

道の駅羽鳥湖高原発 甲子方面ツーリング

 

さて、まずは集合場所に…って、

ええええええええええええええええええええ!?

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815213947j:plain

さて、何台集まったか数えられますか? 確か、この時点で15台。あとで、もう1台合流し、最終的には16台。私のオフツー史上、MAXの参加台数です。

どうやらなじみのS氏が、いつも一緒にEDレースに出ている皆さんにも声をかけてくださったらしく、半分くらいはそちらの方々でした。さすがに純粋な新規ドタ参の方は、今回はいなかったようです。

「普段レースに出ているような方々に、今回のツーリングは満足していただけるのだろうか?」という一抹の不安を抱きながらも、S氏の先導で最初のスポット(R118に抜ける道)を目指します。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815215911j:plain

いきなり来ました。ヒルクライムの洗礼。

2回チャレンジしたんですが、上り切る手前の同じところでスタック!結局助けてもらって上りました。面目ない。

 

ここを抜けると、アップダウンが大きく眺めもいい、楽しくメルヘンチックな区間に入ります。でもそんなさわやかな時間もつかの間。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815221408j:plain

ハイ、沢渡りです。高低差2m弱? そのうえ岩がガッツリ苔むしてて、ほとんどタイヤが食ってくれません。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815221814j:plain

ピンボケしまくってますが、これがまたこの状況にマッチしてる感じがしますねw

 

木の根っこにタイヤをガリガリ言わしながら超えるルートと、わきの藪を抜けるルートがあったんですが、俺はもちろん後者を選択しました。すいません、ヘタレで。

 

ここを抜けると、あとは普通っぽい道が続き、国道に抜けます。とはいえ、ウォーミングアップには十分すぎる道でしたねw

 

この後はフラット林道を何本か経由し、R289に抜けて各自昼食!

私は予定通り、もり食堂で塩タンメンをいただきました。相変わらずうまかった。アホほど並んで下手な白河ラーメン食いにいくよりも断然おすすめですよ、もり食堂。

 

で、この日のメインの赤〇山に到着!!

以前ソロで軽く下見にきていたんですが、その時は霧が濃かったこともあり、ほんとに入り口くらいで引き返してたんですよ。なんで、本格的に上っていった先の様子を知らなかったわけです。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815223716j:plain

なので、こんなに激しい とは思ってなかったんです。相変わらず画像だと伝わりにくいんですが、手前の雑草の生え方やH氏のバイクの立て方なんかに注目してもらえると斜度が分かっていただけるかと。

ガレ具合もかなりのもので、まともな区間はないといっていいです。基本的に、岩と赤土のみで道が構成されていますw 甲子林道に、えげつない傾斜をつけたようなイメージです。行ったことのある方なら、これで多少は伝わるかと思います。

 

各自、「自分のレベルに合わせて行けるとこまで行く」という感じになり、自分は上の画像の1㎞上らないくらい?のところでギブアップ。どうもこの周辺は雲がたまりやすいらしく、この日もかなり濃い霧がかかってました。赤土がヌルってて、いとも簡単にタイヤを躍らせてくれます。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815225305j:plain

それぞれにアタックを楽しんだ後、ふもとに降りてしばし談笑し流れ解散となりました。

しかし、レース組のみなさんのすごさと言ったら! あのガレ急坂をすべてクリアした人もいたという。自分は今回のメンバーの中では全然上れなかった方です。ブログタイトルを考えなおした方がいいかもしれません。

 

色々想定外もあったんですが、それぞれに満足いただけたようで良かったです! この日ご参加いただいた大勢の皆様、本当にありがとうございました。

赤〇山は…リベンジしたいようなしたくないような(白目)。

 

 

8月14日(月)

道の駅しもごう発 白河方面ツーリング

 

kyouwa-miyataさんら、埼玉と栃木からいらっしゃった総勢6名の方々と一緒に走りました。こちらからは、私を含めたいつものメンバー4人(あとでもう1人)で、最終的には総勢11名と、こちらもけっこうな規模のツーリングになりました。ありがたいですね。

 

天気はいまいちで、基本的に雨な雰囲気。ルートをどうしようかと話し合ったところ、どうせ濡れるんなら、体をあっためられるところがいいだろうということで、あのスポットに決定しました。そう、甲子林道です。

県外からいらっしゃっているということであれば、ぜひ走っておいてほしいところでもありますしね。しかし、意外なことに誰もご存じなかった様子でしたが…。今回の走破を通して、その良さ(?)を拡散してほしいところです。

とはいえ、上りとなると雨も手伝ってかなり難易度が上がることが考えられるため、下りでアタックすることになりました。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815235051j:plain

舗装路を抜けた先の峠です。ていうか、唐揚げを揚げたところと言った方が、私的にはしっくりきます。下記の記事を参照のこと。

もうこの時点でけっこうな雨。雨はカメラに映らないということを今回学習しました。

juicy-fried-chicken.hatenablog.com

 

 

今回の甲子林道は、藪が深めでそれがけっこうしんどかったですね。

雨は、慣れてきちゃえば、私はそれほど苦になりませんでした。かえって、体を冷やしながら走れるからよかったかも!? 鼻の穴に枝が刺さって血が出る という恥ずかしいミラクルも、雨が帳消しにしてくれました。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815235644j:plain

この画像だと、雨の感じが伝わりますかね? ここに到着するころにはもう完全に本降り。いや、土砂振りと行ってもいいレベル。 もうみんな吹っ切れて、笑いのハードルもかなり下がってましたw

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170815235928j:plain

全員無事ガレ場を抜けて休憩&談笑。しかし皆さん、お上手でした! 申し訳ないですが正直なところ、根を上げる人が出るんじゃないかと思ってましたw

皆さんの、これまでの経験の深さがうかがい知れました。きっと色々なところを走ってこられたんでしょうね…。

 

この後はフラット林道を経由して道の駅羽鳥湖高原で昼食して、流れ解散となりました。フリーライドの方の Fブレーキキャリパーが脱落する という、前代未聞のトラブルもありましたが、全員無事に解散となったようです。

 

せっかくお越しいただいたのに、雨に打たれてしまったのは残念極まりないですが、楽しんでいただけてようで何よりでした!

kyouwa-miyataさんを含め、今回遠方より来ていただいた6名の皆様、本当にありがとうございました。次回はぜひ甲子林道の上り&サ〇イバルランドを楽しんでいただきたいと思います!!

 

 

2日間を振り返って

このブログをはじめてよかったなあと思いましたね。オフロードって、自分と向き合ってスキルを磨くことも楽しいんですけど、みんなで協力したり、ときには励ましあったりながら先に進んでいくのもまた楽しいんですよね。

もちろん、人によってレベルは色々ですし、趣味嗜好もまったく一緒ではないんですが根本的なところで共有できる楽しさがあるというか。

なんだかんだで、このブログを通して知り合えた皆さんもかなり増えてきました。

今後も懲りずに、福島の林道の楽しさやオフロードの奥深さを、書き続けられる限り書いていきたいと改めて思いました。