走れ!登れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

愛宕山登山

昨日11日は「山の日」でしたね。皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。

林ツーもいいんですが、かねてからこの日は登山をしようと決めていました。今年の春から登山が好きになり、それなりに装備もそろえてきたんですが、なんだかんだできちんとした登山はまだ2回しかしていません。

登山に関しては初心者そのものなので、できるだけ人が集まる機会に登ろうと山開きに参加してきました。ですが、ここからはソロでの登山もできるようにしていかなければ登る山がなくなってしまいます。

そんなわけで、11日はソロ登山をしようと決めていたわけです。

当初は、三倉山・大倉山・流石山の縦走コースを考えていましたが、当日の朝の天気がすぐれず断念。初のソロ登山で雨に打たれるのは、リスクが大きいです。

しかし、10時ころになると晴れ間が!

いてもたってもいられなくなりましたが、さすがにその時間に出発というのは無茶というもの。近場で手ごろな山はないかということで、以前から気になっていた田島の愛宕山(あたごやま)に行ってまいりました。

愛宕山は、鴫山城(しぎやまじょう)の城跡でもあります。山そのものが城っていう、いわゆる山城です。約500年前の城跡とのことで、歴史好きな私としてはダブルの意味で興味がありました。詳細に興味のおありの方は下記にて。

http://www.gunyakusho.ecnet.jp/7408.html

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170812201008j:plain

大門跡です。ここだけ石垣がしっかり残ってます。この付近は保存状態がよく、城の雰囲気を十分に味わえます。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170812201121j:plain

なかなかの傾斜なんですが、伝わりますか? こんなところに、こんな立派な土木工事を施した先人に、頭が下がる思いです。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20170812201436j:plain

山頂の愛宕神社本殿(があったところ)です。残念ながら最近落雷によって焼失してしまったとのこと。奥の立木、実は黒焦げになってます。新しい依り代になってる感じ、しますよね。

 

史跡としても大変情緒深く、いい山でした。

山頂まで30分ほどと、距離はそれほどでもないのですが全体的に斜度が高く、アタック系だと思います。実際、敵のアタックを想定してつくられた山城ですしねw

平均して20~30°くらい。きついところで45°はあったんじゃないかっていう。ルートも大きく分けると3つあり、全部踏破すれば、なかなかいい汗がかけます(もちろん全部歩いてきました)。

 

近場にこんなにいいスポットがあったなんて、見つけものでした。今後も、ちょこっと山歩きしたいなっていうときに利用したいと思います。