走れ!登れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

私をオフロードに引きずり込んだもの ~後編~

さて、私がオフロードにハマった経緯について

2夜連続でお送りしてきたわけですが、今回がひとまず最後となります。

下記参照

juicy-fried-chicken.hatenablog.com

 

ていうか、今回は後編とか言いつつも

単純にシェルパの現状を紹介して終わりになる気がしますね。

 

ちなみに今日は、残念ながら唐揚げを食す機会には恵まれませんでした。

1日1食をモットーにしているため、禁断症状が心配なところです。

 

4.オフローダーとして歩みだした私

 

愉快な仲間たちとともに、道という道、坂という坂に突っ込むようになっていった私。

 

「マジで言ってんですか!?」

「やめましょ、やめましょ!」

そんな言葉とは裏腹に、自分の気持ちの昂ぶりはごまかせませんでした。

そう、嫌よ嫌よも好きのうち。この言葉の意味が、三十路を過ぎてやっと理解できたような気がしています。

 

そんな楽しい生活を送る中で、あることに気付きます。

「トリッカ―じゃもう、無理じゃね?」

 

そう、前回述べたようにトリッカ―はあくまでオンロードバイク。

フルサイズ化すればかなりの走破性を見せてくれるようですが、太めのタイヤを履くとなるとスイングアームもセロー250のものに交換する必要が出てきます。

そうすると、チェーンの長さやスプロケの減速比の調整などなど、考えるべきことが芋づる式に増えていくのです。

はたまたリアサスもセロー250のものに替えるとなると、

「もうセロー買えよ。」って話になるわけです。

 

正直、それも考えました。

しかし、貧乏性であり実際に貧乏な私は、「中古相場の安いオフ車はないだろうか?」という発想になってしまうのです。

チビでそのうえ短足という、典型的縄文系日本人である私にとって、足つきもかなり重要な要素です。

また、オフロードに行くためには残念ながらオンロードを走っていくしかありません。そこで、巡行が楽にできるパワーがあるかどうか、というのも基準となりました。

そこで浮上してきたのが Kawasaki スーパーシェルパ でした。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160106195322j:plain

DOHCエンジンを搭載し、最大出力は26ps/9000rpm! 高速巡行も難なくこなす!!

乾燥重量111㎏! ガレ場や獣道では、軽さがものをいう!!

なんといってもシート高810㎝! チビにやさしい親切設計!!

あと、カワサキのバイクには乗ったことがなかったってのもあります。

 

さっそく近所の赤男爵へ。

「いいシェルパないスか? 安くて状態いいの。」

なーんて都合のいい話が… 店長「ありますよ。」 あるのかよ、おい。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160106201448j:plain

こいつが納車された当時のシェルパです。

平成13年式、走行距離12,762㎞でお値段198,000円なり。

正直バ〇ンにしては安すぎて、現物見るまでは半信半疑でしたがね。オフには持ち込んでいなかったようで、外装もきれいなもんでした。

 

で、これが現在は

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160106202306j:plain

こうなってます。

過酷な環境で鍛えられてきたためか、心なしか後光が差していますね。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160106202741j:plain

ハンドル周りです。

ミラー:タカツ クラブグリーンサム オフロードミラーⅡ

ボールジョイントで、大変フレキシブルな作りになっております。ガレ場や藪漕ぎでは、かなりコンパクトにたたむことができてお気に入りです。

ハンドガード:ポリスポーツ エボリューション インテグラ

http://www.polisport.com/en/off-road/products/handguards/?id=83&pid=159

前はZETAのアーマーハンドガードを使ってましたが、度重なる転倒により再起不能に。樹脂製の方がなんだかんだでいいのでは、と思いこれを装着しましたが正解でした。転倒の際には、うまく衝撃を逃がしてくれているのがわかります。なんといっても安い!4,000円前後で買えちゃいます。

バーパッド:ZETA COMPバーパッド

オフ車のカッコよさを演出するための、最重要アイテムです。さりげなく、「やってますが何か」感がにじみ出てますよね。

ハンドル:HARDY MXハンドルバー TypeⅡ ミディアム

PRODUCT INFORMATION: HARDY MXハンドルバー TypeⅡ

三本目にして、やっとブレース付きのハンドルを購入。もっと早く学べよと言いたいところです。シェルパは純正のハンドル幅がかなり狭いため、こいつを見つけるのにもかなり苦労しました。

カメラ:SJCAM SJ4000 wifi

写真にはケースしか映ってませんが、GoProのバッタもんです。とはいえ性能はなかなかのもの、1080FHD撮影が可能です。こいつの 720p 60fps モードで動画を撮影しています。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160106205853j:plain

タンクです。ベッコリ逝ってます

とある伐採道を駆け上がった際、谷に転落してできたものです。あの瞬間は今でも忘れられませんね。マジで景色がスローで流れてましたから。脳のリミッターが外れる、いわゆるクロックアップってやつですね。おかげで、軽い打ち身くらいで済みました。しばらくいろんなとこ痛かったですけど。

当初は直したい衝動に駆られていましたが、なんかもう、どうでもよくなりました。ヤフオクでいいのが出てきたら買おうと思ってます。

 

その他 軽くいじったところ

フェンダー楽天市場で買った激安品。

・ヘッドライトカウルは割れたため、ついでにKLX用に交換。

・チョークワイヤーを撤去し、ノブをキャブに直付け。すっきりした。

・KLEEN(エアインダクションシステム)撤去。ちょっと軽くなった。

・チェーンはノンシールで十分。フリクションも減る(はず)。

・タンデムステップ撤去。誰も乗らないし。

・サイドスタンドスイッチ無効化。邪魔。

 

基本的に、取れるものは取るというスタンスでいじってます。一通りやるべきことはやった感があるため、今後は足回りのメンテナンスを中心に考えています。

 

 

やっぱりシェルパの紹介で終わってしまいました。予想していたこととはいえ、悔しい気持ちはぬぐいきれませんね。

なんだかんだで自分にも、「俺のバイクを見ろ!!」という厨二全開のほほえましい感情が備わっているということが確認できて、一安心です。

 

安心したところで、風呂に入ってこようと思います。

ではまた。