走れ!登れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

私をオフロードに引きずり込んだもの ~前編~

どうもこんばんは。

今日の昼食は、 エビヒレメンチカツ定食 だった唐揚げです。

あ、でもご心配なく。昨日の酒のつまみは ファミマのプレミアムチキン(サイ) でしたから。

 

ところで、妻子ある私ですが

実はとある事情により今日から一人暮らしとなりました。

 

あ、今変な想像しましたね?

二人目を産むために嫁と子が里帰りしただけです。

 

暇で死にそうなんで、死ぬよりいいかと思って私がこのブログを始めた理由について振り返ってみました。

①自己満足に浸るため。

②暇つぶし。

③オフロードの魅力を伝え、あわよくば仲間を増やしたい。

 

自分的には特に、③の比重が大きい感じがしますね。

ということで、ここからは自分がオフロードにハマったきっかけについて振り返ろうかなと思います。暇だし、自己満足に浸ることもかねて。

 1.オフロードを走る前の私

 

私はいわゆる中免小僧です。

400㏄までの世界しか知らない、了見も身長も小さなオッサンです。

仲間は颯爽と大型を乗り回し、ワインディングやストレートをハイスピードで駆け抜けていきます。

そんな中、常々私はこう思っていました。

 

「排気量が大きくてサスやフレームが良けりゃ、速いのは当然だ。バイクは腕だろうが!」(訳:大型免許うらやましい。俺も大型ほしい。)

 

当時私はTZR125という、変態的なバイクに乗っていました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160104192652j:plain

近所の骨董品屋みたいなバイク屋で、20万で買いました。

1990年製造の、今となっては希少な、2st125㏄ロードスポーツです。

購入時の走行距離、なんと142㎞。嘘じゃないです。証拠もあります。なんなら見せます。

 

そんなマニアックさに惹かれて購入したわけですが、乗って1年で飽きました

なにせ低速トルクがありません。皆さんの想像以上にありません。

どれくらいないかというと、食玩に付いてくるラムネの存在感くらいありません。

 

気づいたら、売っ払ってこいつを購入していました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160104195035j:plain

YAMAHA トリッカー です。

こいつが俺をオフロードに引きずり込んだ張本人です。

 

2.オフロードを走り始めた私

ぼんやりと、オフ車に乗ってみたいという気持ちはずっとあったんですよね。

だってホラ、オフ車って排気量じゃないじゃないですか(ややこしい)

「あくまでオンロードメインだけど、たまに林道とかも走ってみたい。」というヌルい気持ちでこいつを選びました。中途半端もいいとこですね。

その証拠に、この時点ではスクリーンと便利なを装備してます。

 

こいつを買ってからというものの、

その手のサイトで下調べをし、いわゆる林道に入るようになりました。

初めての未舗装林道は、今でも忘れられませんね。

すんげーゆっくり(20㎞/hくらい?)で、ビビりながら走ってたのを覚えてます。

いつしかの存在は忘れ去られるようになりました。

 

地元の有名どころを一通り走破しようと、毎週末足しげく林道に通う日々が続きます。

そんな中、とある林道で運命の出会いを果たします。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20160104201408j:plain

S氏H氏との邂逅の瞬間です。

 

中編へ続く