走れ!上れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

平成最後?の甲子林道ツーリング

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181212165404j:plain

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181212165437j:plain

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181212165501j:plain

 

遅筆ですが、12月2日(日)の甲子林道ツーリングです。

あの時点でこの積雪ですから、今頃はもうすごいことになってるでしょうね。

 

急なお誘いにもかかわらず駆けつけてくれた、H氏とK氏には感謝です。

地元オフローダーにとっては鉄板のコース(甲子林道、旧西部林道、某ランド、某禿山)を回ってきました。もう何回走ったのか分からないくらい走ってますw

「ああ、ここで誰々と会ったっけなあ」とか、「ここ、昔は怖がってたよなあ」とか、今回は妙に懐かしさがこみ上げてきましたね。今年はずっとレースメインだったからかな、、、。

 

例年なら「まだまだ走るぞ!!」と意気込んでいたところですが、私ももういい歳。冬はおとなしく療養&整備に励みたいと思います。

 

とりあえずは曲がったハンドルとぶっ壊れたメーターだな。

 

 

 

WEX EAST R8 サンクスギビングGAIA 参戦記録

去る11月24日(土)、行ってまいりました。

今回の大会は、WEXイーストの最終ラウンドでもあります。

自分的にも、今年のレース走り納めのつもりで参加してきました。

 

3連休だったこともあり、今回もビジホに前泊&後泊の、余裕あるスケジューリングで挑みました。もちろん、気合も十分。

でも実は、10月21日のY2‐XC最終戦でアバラをやっちまいまして。

不安要素ではあったんですが、ずいぶん痛みもマイルドになってきていたので大した足かせには感じていませんでした。よっぽどハイスピードでクラッシュとかしなければ大丈夫だろうと。

 

ところで、サンクスギビングって何ぞや?? とは思いませんでしたか?

気になったので、調べてみました。

そうやら、食べられること、生きていることに感謝するアメリカの祝日で、日本語では「感謝祭」と訳されるみたいですね。

あれ?なんか似たようなの日本にもあるな、と思ったら、、、

新嘗祭ですね。勤労感謝の日はこれが形を変えたものだそうです。

東西を問わず、同じ時期に同じような祝日があることにちょっと驚きました。

関係ないけど。

 

 

とまあ、それはおいといて今回の結果の分析をば。

 

まずは40ミニッツ(ダブエンFUN)から!

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181126193958j:plain

ダブエンFUN 10位/17台

40ミニッツ総合 21位/47台

 

まずまずってとこでしょうか。

ダブエンFUNの表彰台は今回6位まででした。

「入賞、あり得るか!?」と期待してましたが無念。あと一歩、いや二歩及ばなかった感じです。

 

 

そして本命(?)の120Cf:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181126194347j:plain

120C 25位/43台

120ミニッツ総合 44位/67台

 

、、、、、、、、、、

 

どちっくしょおおおおおおおおおおおお!!

悔しい、悔しいです!!!!

 

 

全然イメージと違う!

自分的には20位くらいにはつけられるはずだった!!

 

しかし、原因ははっきりしている。

それは、、、

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181126195450j:plain

この、3周目・4周目・7周目でのロスです。

1周目は様子見だったからしゃーないとして、この3周は明らかにミスしまくってた。はっきり覚えてる。

 

3周目

ウッズのラインが見えなくなり、半分迷子状態で走っていた。転倒もした。

4周目

根っこ前の大穴にハマった。なんとかパワーで越えられないかと思ったが、イゴり散らして大幅に体力を消耗。リカバリにもかなり時間を使い、体力が戻るまでその周はヘロヘロだった。

7周目

行こうと思っていたラインをイゴり中の他車とそれを見ていたマーシャルに阻まれ、混乱。ラインを立て直すのに時間と体力をまたもや消耗。

 

結局、ウッズのラインを見誤ったことリカバリに体力と時間をかけすぎたことが原因というわけです。

それも実力のうちといわれればそれまでですが、これ、俺のブログなんで書きたいように書かせてもらってもいいですよね? うん、そうですよね。

 

これがなかったら、もう1周できてた。そして、そのラップはさらにペースを上げられてたと思う。そうすれば20位前後には食い込めてたはずだ、という都合のいい妄想に今ふけっています。

でも、しつこいようですけどこれ、俺のブログなんで言い訳でもなんでもガンガン書き込むし。どうせ大して読まれてるわけじゃなし(オイ)。

 

 

総合的にみて、今回は最終ラウンドということもあってか、みんな気合入ってたなと思います。いわゆる一見さんがいなかった感じ。

なので、40ミニッツも120ミニッツもイメージの順位に付けなかったのかな、とか。

 

これまで何度かWEXでご一緒してきた、HTRとラジエーターズ界隈からも、そのリーダー(?)たちが見事ダブエンFUNと120Cで入賞してます。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181126201340j:plain

イキり散らしてる2人

左:裏のロードサービスさん 右:ぼっちバイカー(id:botti_bk)さん

 

この半年で、ずいぶん差をつけられちゃったもんだ。

春の頃は、そんなに順位変わらなかったのにな、、、(遠い目

 

そして、ぼっちさんはこれで一旦バイクを降りるとのこと。

彼のブログを立ち上げから見てきた自分としては、ちょっと感慨深いものがあります。レースにしろ、ツーリングにしろ、またいつか一緒に走れるといいなと思います。ありがとう、ぼっちバイカー。

 

 

そして、自分も今年は一区切りです。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181126202106j:plain

数えてみたら、レースだけで11回走ってました。練習走行なんかも含めたら、30回は走ってるんじゃないかな?

YZ、今年1年お疲れ様。冬の間は、ゆっくりメンテしてやります。

 

まずは、

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181126202248j:plain

このフロントフォークのオイル漏れからだなwww

最後のレースが終わって気が抜けたか? YZよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月28日 簑沢林道アタック 報告

 

juicy-fried-chicken.hatenablog.com

 

当初は「ガレ場ツアー」と銘打って参加者を募った今回の企画でしたが、結局簑沢林道のアタックのみで終わってしまいました。

いや、色々あったんですよ…。

 

まずは、今回の参加台数から。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029120550j:plain

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029120635j:plain

数える気も失せるかもしれませんが、14台です。

国産トレールから国産・外車レーサー、トラ車まで実にバリエーション豊か。

エンデューロレース上位常連組から林道ツーリング初心者まで、実に幅広い面々が集結。

参加スタイルも、自走とトランポが半々ほど。駐車場が、ちょっとしたレースのパドックみたくなってましたw

 

俺は初対面の方が3名いらっしゃいましたが、参加者同士で考えるとほとんど絡まずに終わっちゃった人も多かったかな?

これだけ集まればしょうがないってことで、勘弁してくださいw

 

本丸に向かう前にフラット林道を周遊しつつ、いつものあそこでさわやかな秋の空気を満喫します。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029124319j:plain

天気もよくて、気分は最高!!

 

さて、紅葉を楽しんだあとは、いよいよ本番です。みんなが期待(?)していた、簑沢林道に下りで突っ込むことにします。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029125039j:plain

本格的な “沢” に突入する前の、ちょっとした広場で後続を待ちます。いや、ここまでのガレもなかなかなんですがね。

 

ダートパラダ〇スの面々は、後続を待たずに先にアタックすることに。

皆さん果敢に沢に突っ込んでいきました。

 

私は主催者でもあるので、ここで最後尾を待つことにします。

 

 

 

……

 

………

 

何があった??

 

 

 

気になって戻ってみると、今回の参加者の一人である、ざわちゃん (id:ZAWA-chan)ハスクバーナFE250EightFilmsさんがなにやら押し引きしているではありませんか。

 

なぬ? セルが回らず

エンジンがかからない??

 

この状況でそれは致命的だ。

なにせ、ガレはここからが本番。

 

EightFilmsさんが不安定な足場で押し掛けにチャレンジするも、さすがにこの路面では無理(そこそこのガレ)。

バッテリーが弱っているのではということで、広場まで下りて俺のセローで充電してみることに。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029130608j:plain

ここでたむろしていたはずのメンバーはとっくに先に行ってしまったようで、残されたのは俺と EightFilmsさん と こばちちさん と ざわちゃん の4人。

この状況で4人は、ちょっと心細いぞ。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029131356j:plain

さて、無事エンジンは、、、

 

 

残念!! かかりません!

 

もうこうなると原因不明。リレー、ECUなどの補器類の問題ではないかという話にもなりましたが、正直原因なんかどうでもよくて、「これからどうするか」の方が大問題。

 

 ①置いていく

 ②上る

 ③下る

 

この3択です。あなたなら、どうしますか?

 

 

そうですよね。

③しかないですよね。

 

というわけでここから怒涛のバイク運びエンデューロが始まったわけです。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029132218j:plain

この落差、どう降ろす!?

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029132435j:plain

ざわちゃんの体力もそろそろ限界か…?

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181029132758j:plain

そんな中でも、自分のバイクの写真は欲しい唐揚げライダー。

 

 

みんなで交代&協力しながら、何とかガレ区間を抜けました。

ここなら押し掛けも行けるだろうという状況で、ざわちゃんがセルボタン押してみると、、、

ハスクのエンジンかかりましたが何か

 

なんじゃそれ × 3

 

 

何にしてもよかったということで、平地まで下りてしばし談笑。

セルのトラブルについては、「ハスクがやる気なくした」ってことで落ち着きました。

ここまでかかった時間は、2時間ほどだったでしょうか。

 

他のメンバーとまったく連絡が取れていなかったので、とりあえず最初の駐車場に戻ろうとしたその時、ダートパラダ〇スの面々が戻ってきました!

どうやら上りでアタックしに行くということで、ここでEightFilmsさんはそちらに合流。

 

俺はというと、他の自走組のメンバーと合流すべく七ヶ岳の林道を爆走。一番上の広場にて、無事全員と顔を合わせることができました。

 

serowlifeさんつながりのお二人は、先に帰るということで軽くお見送り。その見送りが終わったあたりで、上りアタック組も合流地点に戻ってきました。

 

うまい具合に集まれたので、あとは駐車場にもどって談笑しつつ、順次解散!

 

 

色々あったツーリング?でしたが、結果的に大きな事故やケガもなく、楽しめたと思います。

俺は今回上りアタックは見送りましたが、そちらも十分楽しんでいただけた模様。

主催者としては、そこそこの仕事ができたかな?

 

今回ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます!

そしていつも参加してくれる皆さん、ありがとうございます!!

 

 

最後はEightFilmsさんの動画を転載して締めます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

いつもながら他力本願スイマセンww

 

しかし、上りアタックはすごいな。

来年は俺も上るぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Y2-XC 最終戦 終了

チーズナッツパークにて行われてきたY2‐XCも、昨日21日の最終戦をもちまして終了となりました。

3時間のエンデューロとか、当初は正気の沙汰じゃねえと思ってましたが、慣れとは恐ろしいものです。回数を重ねるにつれてペース配分なんかもわかってきたし、時間の感覚も身についてきて、辛さも軽減されてきました。

 

さて、そんな最終戦のリザルトは…

 

54位/135台

相対順位(54÷135)=0.4

 

となりました。

 

今回の結果が、今の私の現状そのものだと思います。

特に大きな無茶もせず、妥協もせず走りぬいての結果なので!

相対順位がきれいに0.4になったのも、なんかしっくり来てますw

 

当初Y2に出ることを決めてから、イメージは常に「中の上」でした。最終的にそのポジションに落ち着くことができたのは、自分的に大きな収穫です。

 

しかし、チーズナッツパークはいいコースだなとしみじみ思います。初心者にも、上級者にも懐が深いというか。今年一年走らせてもらって、これからもこのコースで腕を磨いていきたいなと改めて思いました。

 

有難う、今年一緒に走ってくださった皆さん!

有難う、運営の皆さん!!

 

また来年もエントリーします。よろしくお願いします!!!

 

今年も年末年始は、HPを毎日チェックだなw

 

 

 

 

セローのタイヤ選び

久しぶりの整備関係の記事です。

 

いや、普段整備してないわけじゃないですよ?

別段記事にするほどのことをやってないってだけで。

 

YZにも関していえば、4~5回走行したらミッションオイル交換してるし、毎回洗車してチェーンにも注油してます。エアクリーナーも、毎回チェックして汚れてたら即洗浄&交換。

けっこうまめにやってるんです。

本格的に冬に入ったら、ひん曲げたラジエーターの交換や、腰上のOH、YPVSの分解洗浄なんかも考えてます。各リンク部のグリスアップとかもやっときたいですね。

 

と、それはそれ。

今回はセローのタイヤ交換についての話です。

 

まず、納車時に履いてたタイヤはこれ。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014163222j:plain

見覚えあるパターンでしょ?

そう、 IRC GP‐1 、、、かと思いきや

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014163826j:plain

KENDA K270 です!!

 

リアはブロックの高さ、間隔の広さもなかなか。その上柔らかめなので、オフ性能けっこう高かった。悪くなかった。

が、フロントが見た目以上にクソ。もちろん期待はしてなかったんだけど、オンロードで、ブレーキング時にグニャっとなる感覚が最高に謎で、気持ち悪くて最低。オフ性能も言わずもがなで、ちょっとした轍でハンドル取られまくり。

リアは悪くないが、フロントが最強にクソというバランス悪すぎるタイヤでした。これから購入する人、そうはいないとは思いますが、フロントだけは絶対にやめておけと言っておきます。

ネットで情報当たると、とにかく安いみたいですね。セットで8000円とか。

でも繰り返し言う。フロントは絶対にやめておけ。

 

なので、とりあえずフロントは使い古しの IX‐09W にソッコーでチェンジ。しばらくはこの組み合わせでそこそこ走れてました。

 

でもIX09って、摩耗早いんですよね。フロントでも、なかなかのスピードでお亡くなりになっていきます。

限界を迎える前に前後そろって交換しようと、次期タイヤを選定していたわけです。

 

 

当初、セローならこうしたいなと思っていた組み合わせは、

「フロント → IX‐07Sリア → ツーリスト」

この組み合わせは固いでしょう?

レースなんかでもこの組み合わせで戦ってる人、多いみたいです。

 

しかし一つ問題が。

それは、チェーンを延長する必要があるということ。

 

チェーンをそんなにすぐ交換するなんてもったいなすぎる。何せ、アジャスターはまだ2~3の間だ。納車早々チェーンごと交換だなんて、嫌だ。

 

なんか自分って、純正指定のサイズにこだわるところもあって、あまりデカすぎるタイヤを履かせたくないって気持ちもあるんですよ。

メーカーがそのサイズを指定しているってことは、なんかあるんじゃないかなとか。パワー?的な?バランス??的な?(頭悪い

 

 

毎日じわじわと悩み続け、昨日やっと気合で交換しました。

さて、そんな私がセローに選んだタイヤとは、、、

 

こいつだ!!

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014170946j:plain

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014171023j:plain

分かる人、いるかな??

 

そう。

フロント → ED03(2.75‐21)

リア → K950(3.50‐18) だ!!!

このサイズならチェーン交換いらないぜ!!

 

前後一気に交換とか、俺えらい。体調はイマイチだったんだけど、たまらず試走に行ってきました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20181014171450j:plain

イイ感じ。

ほぼねらい通り。

ED03はライフ長そうだし、オンロードも結構快適。オフ性能水準以上。

K950は思ってたよりしっかりトラタイヤ。

岩場とか、タイヤがサス代わりにしなってくれてんのが分かる。ツーリストよりもラウンドしてる&固めなのでオンロードも自然。

チェーン交換なしでセローに履かせられるし、安い。

 

何が言いたいかというと、DUNLOP K950、かなりおススメです。