走れ!上れ! 唐揚げライダー

カラッと揚がった唐揚げが大好きな、三十路ライダーのオフロード奮闘記。「いのちだいじに」、果敢にガレ場アタック!

やっぱりソロもいい

お盆の合間に時間ができたので、一人で行ってきました。

前々から、県境付近の国道を通るたびに横道が気になってたんです。

で、いってみようということで探索ツーリングです。

 

色々な廃道、林道につっこんでいってみたんですが、

一番の収穫だったのはこの林道

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180818114828j:plain

いい雰囲気でしょ?

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180818114902j:plain

西側から入って2㎞ほどでお約束の崩落。こりゃキツイ。

 

こうなると、東側から入ったらどうなっているのか気になりますよね。

もちろん確認してきました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180818115127j:plain

まったく人が入ってないですね。

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180818115955j:plain

こんな感じの道が延々続いてました。

でも轍がついてたので、通った人居たみたいです。

 

どんどん怪しくなってきたので、この辺で引き返しました。

 

最後は某ガレ林道の様子を見に行きました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180818115600j:plain

下りですっころんだ図。

 

水は流れ込んでなくて、中腹くらいまでなら1人でも行けましたね。

本丸の様子は確認してませんが、どうなってるかな~?

 

こういう道を散策すればするほど、セローが欲しくなってくるんだよなあ~。

 

 

 

8/12 WEX WEST R5 ドリーミンほおのき 参戦記録

福島県南会津郡南会津町岐阜県高山市

片道414㎞(by Gooogle 先生)

行ってまいりました!

 

現地ではナンバーを見て会津!?」という突っ込みが周りの方々から次々と。

むしろ、会津をご存知なんですね!? そっちの方が有難いです。

「なんでこんなとこまで??」 疑問ごもっとも。

 

完全な思い付きです。一言でいえば、“夏の思い出作り” でしょうか。

JNCCの夏のレースといえば 爺が岳10耐 ですが、翌日から仕事が一気に忙しくなる自分としては、いただけない日程。

いや、もちろん興味はありありでしたが翌日、出勤不可となることは目に見えているのでパスです。参加される皆さん、頑張って(マジでケガに気をつけて)!!

 

 

リザルト

せっかくなので、今回も40ミニッツ(ダブエンFUN)と120Cのダブルエントリーを極めこんできました。まずは、その結果から大公表。

 

〇 ダブエンFUN  8位/12台

〇 40ミニッツ総合 31位/78台

〇 120C      48位/57台

〇 120ミニッツ総合 84位/101台

 

数字でみると残念な感じですが、かなり満足してます。引き際を見極めつつも、自分を出し切っての結果だったので!

 

 

WESTはレベルが高い

これは気のせいとかじゃなくてマジです。数字に出てます。特に120ミニッツのレベルは、“クラス分けの意味がないんじゃ” っていうくらいです。何せ、総合優勝者はCクラスから出てますからねw

EASTだと、周回数1周~5周って方々の割合が1/3を占めるくらいなんですが、WESTはそこの割合が1割ほど。

興味のある人はリザルトをチェック!!

あとから詳しく書きますが、コースのレベルもなかなかのものです。一緒に走っていて、若干の場違い感ありましたもんw

 

 

コース

こっちでは考えられないような、広大で壮大なゲレンデを走り回ります。流石飛騨高山は日本の屋根。スケール感が違いました。

どこもコース幅がかなり広く、腕のある人なら抜きたい放題。これはマジで東日本のコースではありえない楽しさでしたね。

“ドリーミン” のネーミングは伊達じゃなかった。すごかった!

 

 

レース雑感

・40ミニッツ

楽しかった!! コース難易度もちょうどよく、自分的には開け開けで走れた。一緒に走った人たちともレベルが合ってた感じがあった。

ダブエンFUNでは8位だったんだけど7位との差は10秒、7位と6位の差も10秒だったっていう。今振り返れば、この、3人で競ってる感がよかったんだな。ありがとう、同クラスの皆さん。

 

・120ミニッツ

こてんぱんにやられたw

今回は前日のスクールにも出てなかったので、周りの人の話を参考にするしかなかったんだけど、「かなりキツイです!」という声と、「そんなに難所はないよ」という2つの話が…!? 出ました、心理戦。そうやって俺の心を惑わせるつもりだな??

 

40ミニッツでそこそこ消耗していたこともあり、1周目は様子見のつもりでゆっくりと。戻ってくると、ラップタイムは15分強でした。

 

その時、自分の心の声がはっきりと聞こえました。

『ええ…俺このコースあと7周走んの…??』


縦横無尽に起伏に富んだ地形、そこを上っては下り、上っては下りを繰り返させられます。
しかも上りはだいたいガレてます。大小さまざまな岩がイイ感じにランダムに配置されており、スタックを誘発! 土は全体的にふかふかで、こちらも岩とコンビを組んでライダーを歓迎してくれます。

 

自分的には、一つ一つのヒルクライムとダウンを丁寧に、確実にこなしていったつもりですが、周りの人たち、みんな速えww

特に差がついていたのはてっぺんからのダウンヒルですね。自分は疲れをとるためにもシッティングでゆっくりまったりと下っていたんですが、みんなスタンディングでガリガリいくスタイルなのね…。

スタンディングで下ると、腕に来るんだよなあ。イケそうな時にはやってましたが、体力的にもうきつかったですね。

 

6周目に入って中盤あたりでしょうか。指が攣り始めました。自分的に黄色信号です。大体そのまま無理を押して走ると、全身にその攣りが広がります。

幸い、オアシスが設置されていましたので経口補水液をいただいて、しばらく休みます。『ちょっとヤバ目だから、この周で終わりにしようかな…?』そんなことを思いながら、下っていきます。

けど、人間っていうのは諦めが悪いもんで、ゲートをくぐって声援を受けると『もう1周!!』って思っちゃうもんです。そのままコースに突っ込んでいってしまいました。

 

その周は、やっぱり散々でした。右に一気に切り返して上る、ちょこっとテクニカルなヒルクライムが2か所あったんですけど、その両方でこけてしまいました。

あとで分かったんですけど、このときに左をラジってしまったようですw

 

気持ち的にはまだイケそうだったんですけど、また指が攣ってきたこともあり『ここは勇気をもって止めよう!』 そう決心したのでした。

 

近くにいたマーシャルさんにそのことを告げ、クリアマーシャルさんが通過してからコースを逆走。

「チェッカーを受けなければ自由に下っていいよ。」とのことだったので、お言葉に甘えてテープを無視して好きに下らせてもらいました。あれも気持ちよかったなあ。

 

で、順位は上述の通りだったわけですが、自分で決めての結果なので、満足しているというわけです。

 

 

レースを終えて

同じWEXでも、EASTとWESTでは結構雰囲気が違いました。なんていうか、いわゆるガチの人が多い印象。

リザルト見てもらってもわかるとは思うんですけど、そのことを感じたのにはもう一つ理由があります。

それは、出走記録証明書を “ほとんどの人が持っていかない” ということです。

いつものことながら、かなりだらだらと片づけをしていたので、会場を出るのは最後の方だったし、記録証を取りに行ったのもけっこう遅くだったんですけど、全然減ってないんですよね。

『ああ、そういう感じか』と一瞬でなんか悟りました。

 

今回、WESTに出てみて、練習にもなったしいい経験にもなったんですけど、同時に自分のレースに対するスタンスも再確認できた気がします。

そもそも自分は、勝ちたいから走ってるんじゃない。バイクに乗るのが楽しいから走ってるんだという、当たり前の事実に気づきました。

もちろん、乗る以上はうまくなりたいという気持ちはあります。でもそれは、勝つためではない。それを気にすればするほど、なにかを失っていくのではないかと思います。

レースに出て結果を求めるということを否定するものではありません。その順番の問題だと思います。『走るからには勝ちたい』と『勝ちたいから走る』では、全然意味が違います。

 

自分は林道ツーリングからこの世界に入った人間なもんで、“バイク好きなみんなで同じところを走って、同じ経験を共有する” というところに楽しみを見出しているように思います。

スタート前、『ああ、今日はこの人たちと一緒に同じコースを走れるんだな。楽しみだな。』 そんな気持ちでいつもワクワクしています。

 

ここには書けなかったようなことも色々ありましたが、今回はマジですごくいい経験になりました。なんていうんでしょうか。初めてWEX勝沼に出た時のような新鮮さがありましたね。

 

ありがとう、ほおのき!

ありがとう、絡んでくださった皆さん!!

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180814212308j:plain

また来る…かもよ!?

 

youtu.be

 

 

 

 

唐揚げオフロード祭り 報告

 

juicy-fried-chicken.hatenablog.com

 

アツい暑い2日間が終了しました。

 

最終的な参加者は、

4日(林ツー)は自分、H氏、S氏、serowlifeさん、EightFilmsさん、ざわちゃん(id:ZAWA-chan)6人

5日(コース走行)は、自分、serowlifeさん、YUTAさん、Sさん、Kさん、イージーさん(サトDさんの弟)7人

 

とにかく暑かった!!

特に2日目のコース走行は、もう常軌を逸したレベルでした。道路の気温表示は34℃だったかんね。ヤバかった。

俺は夕方から用事もあったもんで、軽めに走って早めに失礼しましたが、白河組とserowlifeさんはマジで川に水浴びに行ったようですw

 ※イージーさん、転載失礼!

 

1日目の林ツーは、走りに行ったところがほとんど木のない禿山だったので、日差しがきつかった~!!

 f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180806203749j:plain

 

今回のオフロード祭りでは、かなり久しぶりに会えた人もいたし、初めて会えた人もいたし、そっちの意味での収穫が大きかった気がします。

今後のバイク生活が、また充実しそうな予感、、、

 

詳しい様子については、EightFilmsさんの動画をどうぞ。

youtu.be

なんか、全体的に他力本願な記事になってしまったww

それだけいろんな人にお世話になってるってことですよね。

 

そして、いろんな人と出会うにつれ、同じオフロードバイクでもその楽しみ方って色々なんだなあと気づかされます。

そんな中で、自分はどんなスタンスでオフロードを楽しんでいくのか。きちんと固めておきたいなと改めて感じました。

 

今回絡んでいただいた皆さん、ありがとうございました!!

 

 

さて今週末12日は、WEX WEST R5 ほうのき平スキー場 です!

WESTは初めてなので知り合いもほとんどいないと思われますが、そんな時こそ本当の意味で自分のために走るチャンス。

落ち着いて、平常心で行こう。自分との戦いだ。

 

 

 

 

 

 

再告知 8月4日&5日 2日連続唐揚げオフロード祭り(林ツー&コース走行)

直前となりましたので、再度お知らせします。

 

8月4日(土)
郡山市周辺 林道巡りツーリング
集合場所 … セブンイレブン磐梯熱海町高玉店
集合時間 … 8:30
ルート
周辺周遊 → 母成峠周辺散策 → 中ノ沢温泉 小西食堂で昼食 → 小田達沢林道 → 三河小田川林道 → 最終目的地へ
昼食は、うまくタイミングがあえば上記の通り食堂で食いたいと思ってますが、どうなるかわかりませんw メニューは唐揚げ定食を推奨。

8月5日(日)
白河エンジョイスポーツランド 走行会
集合場所 … 白河エンジョイスポーツランド
集合時間 … 9:00
多めの水分はもちろんですが、昼食持参(唐揚げ含む)でお願いします。MXコース、EDコースどちらもガリガリ走ります。

今のところ、参加者は自分含めて3名です。

4日の参加者は4名確定 → 俺、serowlifeさん、H氏、EightFilmsさん

5日は3名確定 → 俺、serowlifeさん、YUTAさん

あとは、両日どちらかにざわちゃんさんとその知り合いが参加かも。

+当日飛び入り参加が、ちょこっといそうな予感。


アツい夏を、唐揚げライダーとともに過ごしましょう。

皆さんよろしくお願いします。

 

TTRの修理は、ウェビックが嘘ついてなければ間に合うはず、、、!

ぼっちバイカーと往く 甲子周辺ツーリング 報告!!

いやー楽しかった。

今回のツーリングで、また一つオフローダーの輪が大きく広がりました!

ほんとみんな、好きなんだなあっていうことがひしひしと伝わってきた一日でした。

 

初めて顔を合わせることができたのは、ふるとり (id:bluebuck)さん と  ユーリさん(id:yuri_offroad) のお二人。

自分の初顔合わせはこのお2人のみでしたが、他の参加者からしたら、知らない人だらけで混乱しちゃったんじゃないかなとw

 

それだけ、ぼっちさん(id:botti_bk) の求心力が強いってことだ。

 このツイートなんか、いいねが33件もついちゃって(まだ増えるかも)ぶっちぎりの新記録だし。虎の威を借るなんとやらとはこのことw

 

参加者

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729193036j:plain

後列:左 Sさん  右 サトDさん

前列:左から ふるとりさん 俺 ぼっちさん ユーリさん 仮設さん の7名

※ 画像が粗めなんで無加工です。不都合ありましたらお知らせください。

 

ぼっちさんは東京から自走(!!?)で、ふるとりさんは仙台からトランポ(軽バン)で、ユーリさんは仙台住みのようですが白河で前泊してきてくださったそうです。

俺を含めた残りの4人はジモティーです。今回のお客様を歓迎しようと、全員ドタ参ww じつは、天気次第ではもう2人参加した可能性あり。

 

ぼっちさんが来るっていうから、結構集まるんじゃないかなと思ってましたが案の定でした。いつになくワイワイしてて、楽しかった!!

 

以下、振り返りです。

 

道の駅しもごう

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729204545j:plain

アドバイスに従い、きれいに並べてアオリで撮ってみました。いやー、映えるもんですなあ! さすが、人気ブロガーの写真術は違うぜ。

濡れてますが、雨はそれほどでもありませんでした。ここに集まったのは、俺とぼっちさん、ふるとりさん、ユーリさんの4人。

みんな、来るのが早い!主催者なのに3番目になってしまった。

皆さん初顔合わせなので、自己紹介なんかしながら2~30分ほどだべってから出発です。

 

甲子林道

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729205433j:plain

雨のせいでピンボケですが、雰囲気伝わりますかね?

一見さんには厳しい難易度の甲子林道ですが、みなさんさすがにお上手!ちょうどよく楽しんでいただけたようです。遠路はるばる、ふぐすままで来るガッツがあれば当然か!?

みんなもう全身ビショビショでしたが、「暑くないの?」とツッコまれても、ぼっちさんは頑なにカッパを脱ぎませんでした。(この辺、シティボーイなんだな…と思ったのは内緒だ。)

 

某ランド

ここで、Sさん 仮設さん サトDさん と合流!

そして、今日一番のイベントも勃発!!

TTR、初めてのお漏らし」!!!

 

オイルフィルターカバーに穴空きました。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729211834j:plain

筒状の部分の先っぽが破損。アイドリング程度なら大丈夫なんですけど、軽くエンジン吹かすと、「ブバッブバババッバババッ!!」っと盛大にオイルを吹くww

 

居合わせた皆さんの知恵と道具を総動員して、木の枝(!?)とかパンク修理材を詰めたり、ボルトをねじ込んでみたりしましたが、どれもうまくいかず。

 

何とかして家に戻って、軽トラで運ぶしかないか?

と思い始めた矢先、自由気ままに周回してきたぼっちさんが戻ってくると…

「アルミパテありますよ。」

それだああああああああ!!!

 

ありがとうぼっちさん。そういえばシーサイドバレーで彼もやらかしてたんだった。

 

“主催者が主賓に助けてもらう” という世にも情けない状況に哀しみは隠せませんでしたが、四の五の言ってられません。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729215425j:plain

施工後。

大丈夫そうには見えましたが、パークリもない状態でやってたもんで、エンジンかけると脱脂が不十分でちょっとずつにじんできてしまいます。

 

幸い、仮設さんの自宅が近いということでそこまでとりあえず行こうという流れに。

道中の運転は、ひやひやもんでした。回転数を上げないよう、アイドリング付近のトルクだけを使って走るっていう。最高速は50㎞/hくらいに抑えて走りました。ここでもみんなに気をつかってもらって、面目ない限り。

 

着いたころには結構な量が漏れてました。半分くらいには減ってたかも?

 

解散
仮設さんの自宅で流れ解散となり、ぼっちさんとふるとりさん、ユーリさんは道の駅しもごうに戻ることに。

ここで、上記の記念撮影を行いました。別のショットをもう1枚!

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729221639p:plain

※ 画像が粗めなので以下略

仮設さんの奥さん、撮影ありがとうございました。

 

その後、パークリでしっかり脱脂をして多めにパテを盛ったら低回転なら大丈夫なくらいまで漏れが収まりました(完全には無理だった)。

でも、大丈夫そうな雰囲気を感じたのでなんとか自走で帰りました。帰り道は完全に雨に打たれながらとなりましたが、不思議と気持ちよかったなあ。

 

感想

自分的にはバイクがこんな感じになっちゃったんで、まだ少し凹みぎみなんですけど総合的にはすごく楽しめました!

今回の一番の目的は3人のお客さんを楽しませることでしたから、その目的は十分達成できたんじゃないかと。ぼっちさん、ふるとりさんには某ランドで思いっきり楽しんでもらえたようだし。ユーリさんには、甲子林道を案内できたし。

サトDさんはじめ、地元のオフローダーと交流してもらえたのもよかった。

 

しかし、仮設さんの一言、「最近唐揚げくんがYZばかり乗ってるから拗ねてるんだよ。」は妙に刺さったなあ。

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180729223034j:plain

上で書かなかったけど、実はチェーンガイドもバックリ破断してましたwww

甲子林道で、岩にヒットしたと思われる。言われるまで全然気づかなかった。

 

確かに、TTRは整備もおろそかになってたし、山に持ち出しては「重い!なんだこの〇ソバイク!!」とか罵詈雑言吐いてばっかりいたからなあ。

考えてみたら、トレール車なんだから重いのは当たり前だし、それが公道での走りやすさにつながってるわけで。

結局、それぞれの用途に合った扱い方をして、多くを求めないことだよな。

ごめんな、TTR純正部品値上げしてクソ高いけど、しっかり直してやるからな!

 

とまあこんな感じで、またいろんな人に知り合えて、助けられて、楽しかったって話です。

今回お付き合いいただいた皆さん、本当にありがとうございました! また機会がありましたらよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Y2-XC 第3戦

本日、行ってまいりました。
先週の爺が岳では、ダブエン&熱中症にやられてしまったわけですが、今回も予想最高気温は31℃!! しかも、3時間と来てる。

アクエリアスを4L準備し、塩タブもリュックに常備。レース前の水分補給も十分に行いました。

今回のコースは、これまでで一番テクニカルだった気がします。
細かい切り返しは多いし、アップダウンも結構激しかった。もちろん整地なんてしてないから、穴ぼこ空き放題だしw

レース直前にRくんにもらったアドバイス「序盤と終盤は丁寧に」を心がけて気合一発、走りぬきました。

結果
36位/118台

おおっし!!
相対順位も計算してみると、、、
0.305

まさかの1/3入り!!!
これはもう、十分Y2で戦えるレベルに達していると言っていいのでは!?
ただ、ベストラップは14分前後とちょっと寂しいことになってるんですよね。正直もっと速く走れると思うけど、3時間こけずに走りぬくには、キャパの7~8割くらいで走り続けることが重要。

今回は、無駄にこけて体力を消耗しないことを心がけました。目を三角にしてアタックすればベストラップはもっと縮まると思うんですけど、今日はこの作戦で正解だったようだ。途中でやめてる人も多かったみたいだし。

しかし、上位陣を見ると信じられない周回数だよなあ。自分の11周に対して、16周とか走ってんだよ? およそ1.5倍ですよ??

 

f:id:karaagekuitaiyahoocojp:20180722210335j:plain

レース後は、だべってたらすっかり遅くなっちゃいました。しかし、今日は人がはけるの早かったわ。暑かったからな~。


さて次のレースは、WEX W R5 ほうのき平スキー場 です。
さりげなくエントリーしちゃいました。だって、9月のレースが仕事でガンガンつぶれるんだもん、、、。
今度も、2泊3日で魂のダブエン決めます。前回の反省を生かし、目標は ダブエンFUNで入賞120Cで1/3以内!!

WEX-G 最高だぜ!!

行ってきました、爺が岳!!

 

結論から言おう。

めttttっちゃ楽しかったぜ??

 

 

アツかった、とにかく暑かった!!!!

 

今回は40ミニッツと120Cのダブルエントリーだったのでマジで2倍楽しめた!!

いや、実質は10倍か!?

 

結果、40はそこそこで、120は散々www

 

しかし、ダブエンFUNでは惜しかったなあ。

10台中5位だったんだけど、おそらくあと一つ順位あげてれば表彰台だった。

4位とのタイム差もそんなにはなかったから、120のことを考えずに開け切ってれば行けたかもなあ。でも、考えてみればそれはお互い様かw

 

120では、2周目にして熱中症にやられた。30分くらい日陰でフリーズしてしまった。

そん時は、「こりゃもうダメかもなあ…」って思ってたんだけど、走りだしたらスイッチ入った。

これがラストかな?と思ってその周回全力振り絞ったら、もう一周あるでやんの。

「仕方ねえなああああ!!」と自分に言い聞かせて本当のラストに臨んだんだけど、見事に撃沈。

イゴるわコケるわ、すっ飛ぶわ、まるで林道走りたての初心者状態。

マーシャルに助けてもらって何とか走りきったけど、時間切れでカウントされてないっていうカッコよさwww

 

走り切ったあとは、生きててよかったって実感が体中にめぐっていた。

 

こんなに楽しかったのは久しぶりだ。

ありがとう、爺が岳

ありがとうJNCC。

ありがとう、この世界で知り合ったみんな。

 

今回は、40ミニッツの動画を撮ってみた。

これで、レースの雰囲気が伝わって、少しでもこの楽しみを知ってくれる人が増えることを期待したい。

www.youtube.com